FAQWindowsServer関連

trip_originWindowsServer関連のよくある質問

trip_origin WindowsServer関連のよくある質問とその回答

Q 試用期間はありますか?
A 仮想デスクトッププラン、WindowsServerオプション、いずれの場合も最大10日間の試用期間がございます。
(ご試用はライセンス種別に関わりなく1契約者様1回限りとなります。) 
Q WindowsServerはどのプランで利用できますか?
A 「仮想デスクトップ プラン」では全プラン(Win1~Win4)で利用可能(インストール済み)。
「VPSプラン(V0プランを除く)」の場合は、WindowsServerオプション(有料)をご契約頂くことで利用可能です。
Q 使えるWindows Serverはどのバージョン・エディションですか?
A 以下の通りです。
・Windows Server 2016 スタンダードエディション(V2プラン以上/Win3プラン以上)
・Windows Server 2012R2 スタンダードエディション
・Windows Server 2012 スタンダードエディション
・Windows Server 2008R2(SP1) スタンダードエディション
Q 「V1~4プラン+WindowsServerオプション」と「Winプラン」とは何が異なりますか?
A 両者共に、VPSのOSとしてWindowsServerがインストールされているものであり、 内容(機能)的には、全く同一だとお考えいただいて結構です。但し、プラン設定上、次の違いがございます。

(メモリ/HDD容量設定)
メモリ/HDD容量が、相対する同一クラスのプランでも異なります。
(例)Win1(1GB/100GB):V1 (1.5GB/100GB)
1.5GB、2.5GBのメモリを必要とする場合は、「Winプラン + メモリ0.5GB(オプション税別500円/月)」よりも「Vプラン + Windows(オプション税別1000円/月)」の方が若干割安、逆に4GB、8GBの場合は、Winプランの方が割安となります。
(選択可能なOS)
Winプランは、OSが「WindowsServer2016/ 2012R2/2012/2008R2」のみ、VプランはLinux系も利用可能。
(ライセンス)
Winプランは、WindowsServerの1ユーザーライセンスがセットとなります。
この1ユーザーライセンス自体を解約したり、変更したりすることはできません。(ライセンスの追加は可能です)
Windowsライセンスには1ユーザーライセンスとプロセッサ(ユーザー無制限)ライセンスの2種類がございますので、多人数で利用される場合は、Vプラン+WindowsServerオプションの方が価格的に有利な場合があります。

WindowsServer2016/ 2012R2/2012/2008R2を利用する上では、内容的な違いはございません。
ご自身に必要なスペックをお考えいただき、何れが適切かをご判断ください。
Q WindowsServerの利用料は?
A 「仮想デスクトッププラン」についてはWindowsServer(1ユーザー)が標準でプラン料金に含まれております。
(※2ユーザー以上は別途ライセンスオプションが必要 → 仮想デスクトッププランのユーザーライセンス

Windows Serverオプション(有料オプション:V1~V4対象)では以下のライセンスからお選びいただきます。
 
ユーザー・ライセンス
  ・初回 1ユーザー・ライセンス 1,000円/ 月額(税抜)
  ・追加ユーザー・ライセンス 500円/ 月額・1ユーザー(税抜)
 
プロセッサ・ライセンス
  ・1ライセンス 2,800円/月額(税抜) (ユーザー数無制限)
となります。詳細は「ライセンスと料金」をご確認下さい。
Q WindowsServerのライセンスの違いは?/どちらを選べばよいですか?
A WindowsServerのライセンスには、大きく分けて2種類のライセンスを用意しており、次の違いがあります。
用途、利用人数により、お選びください。
※ 仮想デスクトッププランのお申し込み時には選択不可。標準で1人分のユーザーライセンス付属となります。
ユーザー・ライセンス
WindowsServerにアクセスして利用するユーザー毎に取得するライセンス  
プロセッサ・ライセンス
アクセスして利用される「WindowsServer」毎に取得するライセンス。アクセスするユーザー、人数に制限なし
詳細は「ライセンスと料金」をご確認下さい。
Q 利用途中でライセンスを変更できますか?
A 基本的には変更可能ですが、仮想デスクトッププランに標準で含まれている1ユーザーライセンスのみ変更できません。WindowsServerオプションの場合や仮想デスクトッププランの追加ライセンス分は変更可能です。 ただし、
・差額請求が発生した場合、差額の(当月含む)契約残期間分を請求させていただきます。
・差額がマイナスとなる場合、請求は発生いたしませんが、お支払済未利用期間分の返金もございません。
変更ご希望時は、ABLEパネルからサポート宛にご連絡ください。
Q WindowsServerオプションの申込み方法は?
A 「VPSプラン」の場合は、新規VPSお申込み時(V0プランを除く)に「WindowsServerオプション」ライセンス種別 (ユーザー/プロセッサ)を選択してお申込みください。
既にVPSを利用中のお客様はABLEパネルの「追加注文・見積もり」よりライセンス種別と共にお申込みください。
詳細は「WindowsServerオプションのお申込み」をご確認下さい。
Q Windows Serverオプションの更新方法は?
A VPSサーバー利用契約と同じタイミングで同じ契約期間分、自動更新(請求)されます。
詳細は「WindowsServerオプションのお支払い/更新について」をご確認下さい。
Q Windows Serverオプションの解約方法は?/追加ライセンスの解約は?
A 有効期限までにABLEパネルよりお申込み下さい。
詳細は「WindowsServerオプションのお支払い/更新について」をご確認下さい。
まずは10日間お試し エイブルネットの使いやすさをお試しください

keyboard_arrow_up