FAQサービス関連

trip_originサーバー・OS関連のよくある質問

trip_originネットワーク・ドメイン関連のよくある質問

trip_originコントロールパネル・リソース関連のよくある質問

trip_origin サーバー・OS関連のよくある質問とその回答

Q コンソールは利用できますか?
A 利用頂けます。
ABLEパネル 」より仮想コンソールを利用しサーバーを操作することが可能です。
Q OSの環境はインストール済みですか?
A VPSプラン(V0~V4)については利用開始時、VPSにOSはインストールされておらず、空の状態となります。
「CDROMから起動」又は「初期化」からOSを導入して下さい。
仮想デスクトッププラン(Win1~Win4)については、お申込み時に選択された WindowsServer2016/2012/2008R2のいずれかがインストールされた状態でのお引渡しとなります。
Q OSのバージョンはなんですか?
A ABLENET® VPSで利用可能なOSの全てとそのバージョンはこちらで御案内しておりますので確認下さい。
Q OSのバージョンアップはできますか?
A ネットワーク経由のオンラインアップデートを利用することで、OSのバージョンアップは可能です。
ただし、バージョンアップ後のOSの動作を保証することはできませんので、バージョンアップはお客様の責任において行って頂くものとなります。
Q OSを再インストールすることはできますか?
A 弊社で用意しているOS(CD)イメージで起動(CDブート)して再インストールが可能です。
なお、利用可能なOSはこちらでご確認頂けます。
Q OSが起動しなくなったのですが
A ファイルシステムが壊れる等して正常に起動しなくなった場合はCDイメージでレスキューモードで起動し、修復作業をお試し下さい。
尚、弊社ではレスキュー専用のCDイメージとして「SystemRescueCd」をご用意しております。
「CDROMから起動」より「SystemRescueCd」を選択して起動することで利用頂けます。
Q SSH・telnetでのログインは可能ですか?
A 各OSで設定して頂くことで利用可能です。
尚、弊社で用意しているOSイメージはSSHでのログインが可能な状態になっています。
Q どんなアプリケーションをインストールすることができますか?
A 制限はありません。お客様専用の仮想サーバになるため、お客様の責任の下、ご自由に運用していただけます。 プランやオプションによりメモリ容量の上限が異なるため、アプリケーションのインストールを行う前にメモリ容量にご注意ください。
Q ソフトウェアの動作確認は行っていますか?
A 申し訳ございませんが、各ソフトウェアの動作についてはお答えできません。
Q アンチウィルス、アンチスパム等のサービスはありますか?
A 大変申し訳ございませんが、サービスの提供はございません。
お客様にインストールしていただく必要があります。

trip_origin ネットワーク・ドメイン関連のよくある質問とその回答

Q データ転送量の制限はありますか?
A 転送量による制限は行っておりません。
但し、これは、無限にデータを流せる、といったことでは無く、転送量が多いからといって追加費用が必要になることは無い、という意味になります。
弊社はベストエフォート型サービスとなりますので、他の方を含めた利用状況によっては速度低下が起こる場合がございます事を御了承願います。
Q VPSプランの帯域幅の保証値は何Mbpsになりますか?
A 回線については共用/ベストエフォート型となりますので保証はございません。
Q 利用しているデータセンタは日本国内ですか?
A VPSを置いているデータセンターは日本国内にあります。
Q ポートの制限はありますか?
A 弊社VPSサービスでは接続ポートに制限は設けておりません。
Q 独自ドメインは利用できますか?
A 弊社で取得、又は移管して弊社管理にしたもの、他社で取得・管理されているもの、どちらとも利用可能です。
Q VPSでドメインを利用する場合の手続き方法を教えてください
A お申込み内容により異なります。

【弊社にドメインの取得もお申し込みの場合】

試用期間中お手続きは保留とし、本契約移行(お支払い確認)後に取得申請を行います。
属性型JPドメインの場合は、取得申請メールをお送りします。
※ドメイン取得完了後、ドメイン名が有効になるまで数時間~数十時間必要な場合があります。
※弊社管理下のドメインについては弊社でDNSを提供いたします。

【弊社にドメインを移管する場合(「取得済みドメインの管理をABLENET®へ移す」でお申込みのお客様)】

移管についての作業を案内するメールをお送りしますので、記載の通り作業を行って下さい。
移管が完了し、DNS情報の変更を行なってから、通常数時間から数十時間後にドメイン名でのアクセスが可能になります。

【ドメイン自己(他社)管理の場合(「ドメインの管理は自分・他社で行う」でお申込みのお客様)】

設定完了通知に記載のIPアドレスを使い、お客様自身でDNSゾーン情報を設定していただくか、ドメイン管理業者様が提供するようなDNSゾーン設定サービスを利用し、ゾーン設定を行って下さい。VPSのIPアドレスは弊社VPS設定完了通知に記載しております。
Q マルチドメイン、バーチャルドメインの運用はできますか?
A ABLENET® VPSサービスでは、ユーザー様が自由にOS、ソフトをインストール、設定できますので、適切に設定して頂ければ、マルチドメイン、バーチャルドメインでの運用は可能です。
Q ドメインがなくても利用することはできますか?
A VPSにはIPアドレスでアクセスできますので、ドメインは無くても利用は可能です。
Q サブドメインは利用できますか?
A VPS上の設定に関しては制限なく利用可能です。DNSのゾーン設定については以下のようになります。
・弊社DNSを利用される場合、Aレコードに追加する形であれば設定可能ですが、サブドメインを新たなゾーンとして弊社で設定することはできません。
・弊社以外のDNSの場合は、そのDNSが設定できる範囲で設定することが可能です。
Q 他事業者にて利用している独自ドメインの移管はできますか?
A 可能です。移管についてはABLENET®へのドメイン移管についてを御覧下さい。
Q グローバルIPアドレスは利用できますか?
A ランに関わらず、全てのVPSは、標準でグローバルIPアドレス1個を利用できます。
また、オプション(有料)で追加を行うことも可能です。
詳細:リソース変更サービス
Q グローバルIPアドレスの追加はできますか?
A IPアドレスの追加オプション(有料)をご用意しております。
詳細:リソース変更サービス
Q IPアドレスのDNS上の逆引きの対応状況は?またホスト名の扱いは?
A デフォルトでは、IPアドレスと弊社ドメイン「ablenetvps.ne.jp」を組み合わせたホスト名を割り当てております。

例: hxxx-xxx-xxx-xxx.ablenetvps.ne.jp

IPアドレスの逆引きは、上記ホスト名を設定しています。
上記以外の逆引き設定を希望される場合は、希望されるホスト名につきまして、事前に順引き設定を済ませた上で、サポート宛まで御依頼ください。
※IPv4アドレスのみ逆引き設定が可能です。IPv6アドレスは逆引き設定に対応しておりません。
Q IPv6に対応していますか?
A はい、IPv6に対応しております。

詳細サポートページ IPv6関連
Q セカンダリDNSのサービスはありますか?
A セカンダリDNSを提供するサービスは行っておりません。
弊社管理下のドメインについては、プライマリ、セカンダリ共弊社でご用意しています。
Q 仮想サーバー間のローカルネットワーク通信は利用できますか?
A 現時点では、VPSに割り当てられているグローバルIPアドレスでのみ通信が可能です。
Q DNSの編集はできますか?
A 現在のところは、ユーザー様による直接の編集は行えません。
お手数をお掛けしますが、 ABLEパネルの「お問い合わせ」より変更内容を御連絡頂き、弊社で変更を行う形となります。

trip_origin ABLEパネル・リソース関連のよくある質問とその回答

Q WebminやPleskなどのサーバー管理ツールは利用できますか?
A 弊社ではご用意しておりません。VPSにOSを導入後、お客様御自身でインストールして頂ければ利用可能です。
Q ABLEパネル(ABLENET® VPSのコントロールパネル)では何ができますか?
A ABLEパネルではVPSの起動/停止や、仮想コンソールによるサーバーの操作が行えます。
ユーザー情報の確認や変更、利用状況の確認も可能です。

ABLEパネルについて
Q メモリ・CPU・HDDなど、リソースの変更はできますか?
A はい、できます。同じプラン内でのオプションによる変更やプラン変更をしていただくことで可能です。
リソース変更オプションについてはこちらを御覧下さい。
また、HDDの変更については、現在のディスクを増量する方法と、別デバイスとして追加する方法が選択可能です。
Q VPSのディスク使用量は確認できますか?
A VPSにログインし、確認のためのコマンドで可能です。
VPSに接続されているHDDの容量であれば、ABLEパネルより確認可能です。
Q CPUの割り当てはどうなりますか?
A ユーザー毎に仮想コアを割り当てています。割り当て仮想コア数は、プランにより異なります。
またオプションにより追加する事も可能です。
Q データのバックアップなどの障害対策の詳細を知りたいのですが
A VPSを収容しているホストサーバーはRAIDによるHDDの冗長化を行っており、また定期的なバックアップを行っております。
ただし、これらはお客様の誤操作等によるデータ損失を復旧するためのものではございません。 重要なデータについては必ずお客様自身でバックアップをお取り頂きますようお願いします。
Q データを誤って削除してしまいましたが復旧することはできますか?
A 弊社では復旧作業は承っておりません。お手元のバックアップから復旧して頂きますようお願いします。
Q VPSの監視はおこなっておりますか?
A ホストサーバーの監視はおこなっておりますが、その中で稼動しておりますお客様個々のVPSについては監視しておりません。
Q VPSへの不正侵入がないかを確認できますか?
A お客さまのVPSへの侵入については、弊社では監視しておりません。
VPSの監視はお客様自身で行って下さい。
Q ファイアーウォール機能は、利用できますか?
A OSの機能(iptablesやTCP Wrapper)等を利用してファイアーウォールを構築していただく事が可能です。
Q VPSを一時的に停止することはできますか?
A ABLEパネルのVPS管理ツールよりVPSの電源操作が可能です。
電源の「オン」「オフ」「リセット」のスイッチ操作以外にも、「サスペンド」「シャットダウン」のシグナルを送信することが可能ですが、 OSやその設定によっては機能しない場合がございますので御了承下さい。
Q VPSが実行されているホスト(ハイパーバイザー)の管理は、ユーザーが行う必要がありますか?
A ホストの管理は弊社が行います。お客様はホストを意識することなく直接VPSを操作頂けます。
Q VPSへのファイルのアップロードやダウンロードはどうやりますか?
A OS導入直後の状態であればSCPを利用頂くことになるかと思われます。お客様自身でインストール設定を行うことでFTP等別の方法でも利用頂けます。
Q VPSを複数利用したいのですが
A VPSを複数台ご利用される場合、二通りのお申込み、ご契約方法がございます。
ご利用に合った契約方法をご選択頂き、お申込み下さい。

VPSを複数利用 詳細案内ページ
まずは10日間お試し エイブルネットの使いやすさをお試しください

keyboard_arrow_up