SPECIFICATION
ABLEパネル OSの初期化・インストール/コンソールの開き方

  • home
  • VPSの仕様
  • ABLEパネル OSの初期化・インストール/コンソールの開き方

trip_originABLEパネル OSの初期化・インストール/コンソールの開き方

ここではABLEパネル(ABLENET® VPSコントロールパネル)の VPS管理画面 から行える、OSの初期化・インストール、コンソールの開き方についてご案内致します。

trip_originOSの初期化・インストールの流れ

VPS管理画面 では、以下の操作が可能です。

1. 「VPS一覧」からOSの初期化・インストールを行うVPSを選択し、クリックします。
VPS一覧 画面
2. 「VPS管理」画面になりますので、メニューの中から「初期化」を選択します。
※「電源オフ」の状態でのみ「OSの初期化・インストール」が可能です。
VPS管理画面
3. 「VPS初期化」画面になりますので、希望するOSを選択し、「確認」を押します。
VPS初期化・OSインストール
4. 別窓で画面が立ち上がりますので、以下の流れで進んで下さい。
(1) 「起動イメージの上書き 初期化時のOSを選んでください。」

→「確認」をクリックします。

(2) 「指定された初期イメージでディスクを初期化します。よろしいですか?」

→確認の上「OK」をクリックします。

(3) 「初期化するとデータは戻せません!!本当によろしいですか?」

→問題なければ「実行」をクリックします。
5. 初期化が開始されますので、「完了しました」と表示されるまで暫くお待ち下さい。
VPS 初期化完了画面

trip_originコンソールの開き方

HTML5版、Java版をご利用頂けます。
※2019年4月19日に「VNCコンソール(Java版)」の提供を終了致します。
※Java版はNPAPIサポートの廃止により、chromeとWindows10 Edgeでは利用頂けません

<HTML5版>

1. 「VPS管理」画面で、「コンソール画面(HTML5)」ボタンをクリックします。
VPS一覧 画面
2. 別窓でインストール済みOSのコンソールが開きます。
OSのインストールがまだお済みでない場合は先にインストールを行って下さい)
WindowsOSの場合、コンソール右上の「Send Ctrl-Alt-Delete」ボタンをクリックすることでログイン画面に切り替わります。
表示例:Windows 2008R2
VPS管理画面

<Java版>

1. .「VPS管理」画面で、「(Java)」ボタンをクリックします。
VPS一覧 画面
「JAVA(TM)のバージョンが古い為ブロックされました。」
と表示された場合は、最新版をインストールして下さい。

java.com(外部サイト)
 ● Javaのインストール状況を確認するには
  http://java.com/ja/download/testjava.jsp

 ※ 初めてJavaをインストールされる場合java.com:インストール方法について
  http://java.com/ja/download/help/index_installing.xml

Javaのインストール・更新をされた場合は、手順2. の「VNC Javaアプレット」ウィンドウで「再読込」をクリックして下さい。
2. 「VNC Javaアプレット」ウィンドウが別窓で開きます。
VPS管理画面
※Firefoxをご利用の場合
以下のような警告が出ましたら、「許可」をクリックしてください。
VPS コンソール
画面が変わらない場合は、矢印の部分をクリックし、Javaの実行を許可してください。
VPS コンソール
VPS コンソール
3. 「SSH Warning」と書かれた別窓が開きますので「Yes」を選択します。
VPS コンソール
4. 別窓でインストール済みOSのコンソールが開きます。
(OSのインストールがまだお済みでない場合は先にインストールを行って下さい)
表示例:Windows 2008R2
VPS Windows
表示例:Windows 2012R2
VPS Windows
WindowsOSの場合、コンソール上部の「Send Ctrl-Alt-Delete」ボタンをクリックすることでログイン画面に切り替わります。
VPS Windows
引き続きWindowsServerのネットワーク接続リモートデスクトップの設定を行って下さい。
表示例:CentOS 6.5
VPS Windows
まずは10日間お試し エイブルネットの使いやすさをお試しください

keyboard_arrow_up