FAQ移管・移転関連

trip_origin移管・移転関連のよくある質問

trip_origin 移管・移転関連のよくある質問とその回答

Q 他のレンタルサーバーからの乗り換えですが、申請手続きはしてもらえますか
A 現在ドメインの管理を行っている団体によりますが、弊社にて可能な場合はお受け致します。
尚、移管できないドメインについては、

■gTLDの場合:「.com」「.net」「.info」「.biz」「.org」「.mobi」「.jpn.com」以外となります。
また、移管可能なgTLD:「.com」「.net」「.info」「.biz」「.org」「.mobi」「.jpn.com」についても、
  • 有効期限間近のドメインは移管中の失効を防ぐ為にもお受けしておりません。
  • 取得後60日未満、または前回移管を行ってから60日未満のドメインは移管できません。
  • gTLDドメインの場合、通常は移管完了時に現在の有効期限から1年延長となりますが、 移管元において更新(復活)後、45日以内の(.com/ .net/ .org)ドメインの場合、移管完了時に 現在の有効期限から延長されない場合がありますので、予めご注意下さい。

■汎用・属性JP: 現在のドメイン管理者様側での取り決めがない限り弊社への移管はすべて可能です。
※詳細につきましては ドメイン移転時の流れ をご一読ください。
Q ABLENET®へのドメイン移転(移管)の方法を教えてください
A ■新規サーバーお申込みのお客様
お申込みの際、「取得済みドメインの管理をABLENET®へ移す」をご選択の上お申込み下さい。

■ABLENET®をご利用中のお客様
コントロールパネル内のお問い合わせフォーム「サポートへ質問」、もしくはお客様が弊社へご登録頂いているメールアドレスよりサポート[ support@ablenet.jp ]宛てに『ドメインの移管希望』とご連絡をお願い致します。 ご連絡を頂きましたら、移管手続きの詳細をご案内致します。

移管(サーバー引越し)の流れは「ドメイン移転の流れ」をご一読ください。
Q ドメインは自分(他社)管理のままABLENET®のサーバーだけ利用出来ますか?
A はい、可能です。詳細は以下のサポートメニューの「1.DNSを変更して利用する」をご一読ください。
            
Q 他のレンタルサーバーからの乗り換えにはどれくらいの期間が必要ですか
A スムーズに手続きが進んだ場合で、gTLDドメインの場合で3~14日間程度、JP ドメインの場合は2~10日程度です。
※各ドメイン管理団体の都合や、お客様のドメイン管理業者様の都合により日数は前後しますので予め日程のお約束はできません。
弊社へのお支払方法によっても日数は前後します。
また、弊社ではお客様からのご入金を確認後、移管手続きを開始致しますのでご了承下さい。

汎用・属性JPドメインの場合、ABLENET®からの移管申請に対し、移管の「承認」をいつ頃行うか、 或いは「拒否」するかのタイミングはお客様のドメイン管理業者様に委ねられます。 (この時点で弊社は立場上、移管の申請を行う以外の権限を持ち合わせておりません)
汎用・属性JPドメインの移管が承認がされない(承認が遅い)場合、原因の多くは移管元(お客様のドメイン管理業者様)側で 移管に必要な手続きが終了していないことなどが挙げられますので、必ず弊社へお申込みの前に、 お客様のドメイン管理業者に他社(ABLENET®)への移管・転出に必要な手続きをお問合わせ下さい。
Q 現在利用しているレンタルサーバーを解約するのが先ですか
A ドメイン移管時に、弊社から移管申請を行った際、「お客様の現在のドメイン管理業者様に承認してもらえる状態」(お客様より現在のドメイン管理業者様へご連絡が出来る状態) にしておいて頂く必要がございます。 弊社へお申込みの前に現在のドメイン管理業者様に他社へのドメインを移管方法や退会方法等を予めご確認ください。
また、サイトを途切れさせることなく移転したい場合は、完全にABLENET®にDNS情報が切り替わってから、 以前のサーバーを解約して下さい。
Q サイトを途切れさせることなく移転したいのですが
A 現在ご利用中のレンタルサーバーと弊社レンタルサーバーを重複して利用する期間を設けてください。
弊社ではお申込み頂いたドメインとは別に「テンポラリードメイン(臨時ドメイン)」をご用意しております。
テンポラリードメインを使用することにより、DNS情報を変更する前に弊社サーバーへアクセスし、WEBやメールアカウントの設定を行って頂けます。
全てのご準備が整ったらDNS情報をABLENET®に変更し、その情報がインターネット全域に行き渡れば、途切れさせることなくサイトを移転することが可能です。

※注意事項
弊社への移管が完了~DNS情報切り替え完了までに、お客様が現在利用しているレンタルサーバーの契約期限が切れた場合、サイトも途切れてしまいますので、弊社への移管が完了するまで現在利用しているサーバーの契約期限が切れないよう、予めゆとりをもってお申込み下さい。

DNS情報切り替え完了のタイミングについて。
変更後のDNS情報がインターネット上に行き渡るには通常数時間~数十時間がかかります。
尚、DNSサーバーによっては変更後の新しいDNS情報に書き換わるタイミングが異なる為、 その間、お客様のドメインへのアクセスは、新サーバーと旧サーバーへのアクセスが混在することになり、 メールについては旧サーバーとABLENET®のサーバーからメールを受信する必要がありますのでご了承下さい。
Q 自社のDNSサーバーを利用できますか
A ご利用のドメイン名の「DNSサーバー情報」には弊社指定のDNSサーバーを登録する必要があります。 お客様独自のDNSサーバーを登録することは出来ません。
一時的に正常に動作しても、弊社レンタルサーバーのIPアドレスは一定である保証はございませんので、トラブルとなる恐れがあります。
お客様自身でドメイン名を管理している場合も必ず弊社指定のDNSサーバーを登録してください。
Q DNS(ネームサーバー)の変更とはなんですか?
A お客様のドメインに設定されているDNS情報(ネームサーバー)を、以前の業者様からABLENET®のものに変更する作業です。
この作業が完了することにより、お客様のドメイン(ホームページ・メール)のアクセス先を以前の業者様のサーバーから、ABLENET®のサーバーに切り替えることが出来ます。
よく『ドメインの移管が完了すれば、サーバーへのアクセスも自動的に切り替わる』と考えられるお客様もございますが、ドメインの移管自体は、ドメインの「管理」を行なう業者を変更する作業と なりますので、特定のタイミングでサーバーの切替えをご希望の場合はご注意下さい。
また、ABLENET®のサーバーへのアクセスの切り替えは、「DNS(ネームサーバー)の変更」後、 その情報がインターネット上に行き渡る(通常数時間~数十時間)必要がございますのでご注意下さい。
Q 他で取得したドメインのDNSサーバー情報の変更方法は?
A 弊社で取得代行したドメイン以外のDNSサーバー情報の変更方法は、お客様がドメインを取得した会社(レジストラ)で行う必要があります。
手続き方法はレジストラ毎に異なりますので不明な点はお客様がドメインを取得した会社(レジストラ)へお尋ねください。
Q 「サブドメインプラン」で利用していた「サブドメイン名」も移転できるのですか
A お客様がご利用になっていたサブドメイン名は弊社の所有しているドメイン名の元にあるものですのでお客様にドメインの所有権はなく、移転することは出来ません。
Q 他社サービスにドメインを移管したいのですが
A 他社サービスにドメインを移管される場合は、以下の手続きが必要です。

A. ドメインのみ他社へ移管する場合。
ABLENET®のサーバーのみ継続して利用される場合
コントロールパネル内の問い合わせフォーム「サポートへ質問」、
あるいはお客様が弊社へご登録頂いているメールアドレスより
サポート( support@ablenet.jp )宛てにドメイン移管希望の旨ご連絡下さい。

B. ドメインもサーバーも他社へ移転する場合。
ABLENET®の解約申請書 をご提出ください。

JPドメインの移管の流れgTLDドメインの移管の流れ


【 注意事項 】
・ドメインをABLENET®の管理のまま、サーバーのみ他社へ移転することは受付けておりません。
(ABLENET®ではドメインのみの管理を受付けておりません。)
ABLENET®管理下のドメインを他社サーバーのDNS情報に書換えることは受付けておりません。
DNS情報の変更は、他社へのドメイン移管完了後に行って頂きますようお願い致します。

【 他社サービスへのドメイン移管手続きについて 】

■ ≪JPドメインの場合≫
1. お客様から ドメイン移管先の業者 に
『指定事業者変更申請(もしくは「移管申請」)』を行うよう、ご依頼下さい。
2. 「指定事業者変更申請」が 移管先の業者 から ABLENET® 宛に届きますと、
ABLENET® から お客様 に「移管承認の可否」について、確認のメールをお送りします。
3. そのメールに対し、 お客様 から ABLENET® に「移管を承認する(承認可)」とご返信を頂きましたら、 ABLENET® で移管の承認作業を行い、これでドメインの移管は完了です。

■ ≪gTLDドメイン(JP以外のドメイン)の場合≫
1. 「解約申請書」の送付もしくは、「他社へ移管する」とメールでご連絡下さい。
2. ご連絡を頂きましたら、ABLENET® より gTLDドメインの移管に必要な「ドメインのロック解除」を行います。
3. その際、お客様の「ドメイン管理者(Admin)のメールアドレス」もお知らせしますので、 メールアドレスの変更をご希望の場合は、ABLENET® までご依頼下さい。
ドメイン管理者(Admin)のメールアドレスでメールが受取れない状態にある場合、 移管を行うことが出来ませんのでご注意下さい。
4. 「Network Solutions」より、ドメイン登録者情報のメールアドレス(Registrant Email)宛に 『 Authcode(=オースコード/認証キー) 』が記載されたメールが届きます。
※Authcodeは移管先業者様にお伝えください。

=================================================================
[送信元]:Network Solutions  <serviceinfo@networksolutions.com>
[件名] :Transfer Authorization Code(s)
=================================================================

メール本文内、[Authorization Code]の下部にある文字列(***********の部分)がAuthcodeとなります。

===============================================
[Domain Name], [Authorization Code]
ドメイン名,   ***********

===============================================

※上記メールが見当たらない際は、弊社までご連絡ください。

4. これでABLENET®側の作業は完了です。
後は、移管先の業者様にてドメイン移管手続きを確認してください。

5. ドメイン移管の承認手続き。
移管先業者で「ドメイン移管申請」が行わされますと、Network Solutions(R)より、
「Domain Name Transfer Request」のメールがドメイン管理者(Admin)のメールアドレスに到着し、
「拒否手続き」を行わない限りは、メールに記載された指定期日(移管申請から5日後)にドメインの移管が完了いたします。

指定された期日(メール参照) → If we do not hear from you by 月 日, 年

【 承認方法A 】
指定された期日まで拒否手続きを行わなければ自動的に「承認」が行われ、 移管手続きが完了します。

【 承認方法B 】
(1) メールに記載されたURLのリンクをクリックします。

(2) リンク先のURLで内容を確認し、
「Confirm(承認)」にチェックが入っているのを確認の上、「Submit」ボタンを押します。
(承認作業を行った場合も、実際にドメインが移管されるのはメールに記載された指定期日以降となります。)

※誤って「Reject(拒否)」処理を行ってしまった場合は、再度、移管先業者様で 移管申請を行って頂きます様お願い致します。

keyboard_arrow_up