VPS仕様

ホーム   VPSホーム   サービス仕様

サイト内の表記価格は 本体価格(税抜) です

大切な情報を暗号化するSSLサービス

独自認証型SSLサービス

ABLENET VPSサービスでは格安での独自認証型SSLの取得代行を承っております。
SSL証明書の取得(更新)代行費用につきましては以下の「SSL証明書費用」をご参照ください。

SSLとは

SSL(暗号化通信)とは
SSLとは、Secure Socket Layerの略で、インターネット上で情報を暗号化し、送受信できるプロトコルです。 サーバとユーザーPC間の通信を暗号化する事で、盗聴、なりすましや改竄などを防ぎ、個人情報やクレジットカード情報などの 機密性の高い情報を安全にやり取りできます。
SSL証明書とは
SSLサーバ証明書とは、ウェブサイトの所有者の情報、送信情報の暗号化に必要な鍵、発行者の署名データを持った電子証明書です。
SSLサーバ証明書には主に下記二つの役割があります。※2.は証明書の種類により異なります。
 1. ブラウザとウェブサーバ間でのSSL暗号化通信の実現
 2. 証明書に表示されたドメイン(サーバ)の所有者である事や、その所有者が実在している事の証明
これによりサイトの訪問者は『送信する情報が暗号化されること』や『情報の送信先』を確認することができ、安心して情報を送ることができます。
また、ブラウザに表示される鍵マークをクリックして各種証明書情報を確認することができます。

ページTOP

SSLの必要性

ショッピングサイトや会員登録サイトでは、もはや必須・・・?
インターネットはオープンな仕組みであるため、重要情報の送受信には、慎重になる必要がありますが、これを解決するのが、暗号化通信の仕組みです。
個人情報やクレジットカード情報、各種ID、パスワードといった他人に知られたくない情報をブラウザを介して安全にやり取りすることができ、 盗聴を防ぎます。
サイトオーナーはサーバにSSL電子証明書をインストールするだけで、そのサイトを利用して情報を送信するユーザが個人情報などを安全に送信することを可能にします。
ショッピングサイトなど、ユーザーが重要情報を送受信する必要のあるサイト運営では、ユーザーの信頼を得るためにも必須の機能と言えるかもしれません。

ページTOP

SSL証明書 取得(更新)費用一覧

ABLENETでは以下のSSL取得代行をお受けしています。


※更新費用はそれぞれの取得時の料金と同じです。/  ※価格表記は何れも本体(税抜)価格
提供元 サービス名 料金(1年) 認証レベル 取得可能区分
Geotrust SSL
ジオトラスト
クイックSSLプレミアム 18,000円 ドメイン認証 法人・個人
トゥルービジネスID 25,000円 企業認証 ※ 法人
Rapid SSL
ラピッドSSL
RapidSSL 7,000円 ドメイン認証 法人・個人
Comodo SSLn
コモド
エッセンシャルSSL 10,000円 ドメイン認証 法人・個人

※DUNSナンバーをお持ちの場合はその企業識別コードを、お持ちでない場合は、登記事項証明書の提出が必要です。
自社にDUNSナンバーが付与されているかどうかは こちらで調査可能です

※RapidSSLを御利用の方は、こちらを御確認ください »



● 証明書の認証レベルについて
ドメイン認証(DV)
ドメイン認証を行うSSLサーバー証明書は、ブラウザからアクセスしているサーバーが、 本当に目的のサーバーであることを証明し、暗号化通信による通信の安全性は確保しますが、 その運営主体の実在性の認証は行いません。
ドメイン所有者であれば誰でも取得可能です。
組織認証(OV)
組織認証は、ドメイン認証に加え、法人の実在証明付きのSSLサーバー証明書です。
この証明書の場合、サーバーを運営している団体が実際に存在していることを、認証局が 証明します。
法人の実在性は、第三者機関の帝国データバンクのコードや東京商工リサーチの登録情報などを 用いて審査が行われるため、登記された法人が主な対象とされますが、認証局によっては、 個人事業主や任意団体についても取得可能な場合があります。
EV SSL
EV SSL証明書(Extended Validation SSL証明書)は、組織認証型SSL証明書を 拡張したものであり、暗号化や認証などの技術は同じものです。
異なるのは、「認証方法」と「表示方法」の2つで、「認証方法」では、企業の実在性確認 などの認証方法が厳格であり、業界内で設けられた統一基準をクリアする必要がある事、 「表示方法」では、ブラウザ表示した際にアドレスバーの背景色が緑色(通常は白)になり、 対象サイトかどうかがひと目で分かるようになっています。

ページTOP

SSLオプションのお申込み・更新について

SSLオプションのお申込み ※試用期間中はお申込みいただけません
  1. (お客様) ABLEパネル:「追加注文・見積もり」より商品名、取得年数を明記してお申込みください
  2. (弊 社) 見積もりと手続きを案内します
  3. (お客様) 見積もり承認のご返信と同時に「CSR」をご提出下さい
  4. (弊 社) カード課金、またはコンビニ払込票郵送します → 入金確認
  5. (弊 社) 証明書を認証局へ申請
  6. (お客様) 証明書発行承認手続き (ドメイン認証型の場合。メール受領、URLクリックによるオンライン手続き)
  7. (弊 社) SSL証明書受領、お客様へメールでお渡しします
  8. (お客様) サーバーにインストール下さい
※取得する証明書によって、必要な資格、お手続き方法、提出書類等が異なる場合がございます。
 それぞれ、お見積もり時にご案内致します。
SSLオプションのお支払い/更新について
お支払い方法 サーバー契約でご選択頂いているお支払い方法(カードまたはコンビニ)と同じになります。
(変更希望の場合、先にサポート宛にご連絡下さい)
契約期間 サーバー契約期間やドメイン契約期間とは別の契約期間となります。
お申込み時には契約年数をご選択いただけますが、更新については自動的に1年更新となります。
更新 他の契約と同様に自動更新。
SSLについては、ドメインと同様、失効を防ぐために、有効期限当月の前月に課金・請求致します。
カード払いの場合、有効期限当月の前月初営業日に課金、コンビニ払いの場合、前月の上旬に払込票をお送りします。
解約 次回更新時に更新を行わず解約をご希望の場合、上記更新タイミング(=現在の有効期限月の前月初営業日)までに ABLEパネル「お問い合わせ」から、「SSLオプション解約」をお届け下さい。

RapidSSLのクロスルート証明書について
RapidSSLでは、2010年12月にルート証明書が移行されました。
この影響で、古い端末(具体的にはAndroid 2.2未満など)では、証明書の警告が出てしまいます。

RapidSSLでは、古いブラウザや端末でも警告が出ないようにするために、クロスルート証明書を配布しています。
弊社からはお送りしておりませんので、以下のリンクよりダウンロードし、中間証明書に追加してインストールしてください。

X.509形式(Apache等OpenSSL向け)クロスルート証明書 [knowledge.rapidssl.com]
PKCS#7形式(Tomcat向け)クロスルート証明書 [knowledge.rapidssl.com]

ページTOP

ページTOP

共用サービスはこちら

  • VPS サービス仕様トップ
  • VPSオプション
  • VPS ABLEパネル
  • VPSサービス環境

VPS新規お申し込みはコチラから お見積り お申し込み

  • VPSお申し込み〜ご利用までの流れ
  • 独自ドメインサービス
  • 他社からの移管について
ABLENET VPSサービスプラン


ABLENETのVPSレンタルサーバー は用途によってお選び頂けるroot権限付5つのプランWindows仮想デスクトップに特化した4つの仮想デスクトッププランをご用意。 転送量無制限、クラウドにも適した低価格高機能なスケーラブルVPSサービスです!



12th Anniversary お蔭様で2017年、当社は設立19周年!
これからもABLENETレンタルサーバーは皆様の信頼にお応えし続けます!


Challenge25