サポート

ホーム   VPSホーム   VPSサポート

WindowsServer2008R2/2008 関連

WindowsServer2008R2/2008 関連

WindowsServer 2008をご利用になる際の各種設定や利用方法について説明いたします。


※WindowsServer2008R2 をお申し込み時に選択された場合、『設定完了通知』を受信した時点で
設定済みとなりますので、通常、お客様でこの作業は必要ありません。
PCからの接続操作を行って頂ければWindowsServerにアクセス可能です。



WindowsServer ネットワーク設定

WindowsServer2008のネットワーク接続を有効にする設定を案内致します。

※OS(WindowsServer等)のインストール手順や、コンソールの開き方はこちらから、
 PCからの接続操作はこちらをご確認下さい。

※2008R2ののネットワーク接続設定も以下の手順と同様ですが、2008R2をお申し込み時に選択された場合
 『設定完了通知』を受信した時点で設定済みとなりますので、通常、お客様でこの作業は必要ありません。
 PCからの接続操作を行って頂ければWindowsServerにアクセス可能です。

  1. 初期化後、ログインしたときに表示されるサーバーマネージャーの「ネットワークの構成」をクリックします。
  2. ネットワークインターフェイス「ローカルエリア接続」をダブルクリックします。
  3. 「ローカル エリア接続の状態」の「プロパティ」をクリックします。
  4. 「ローカル エリア接続の状態のプロパティ」の
    インターネット プロトコル バージョン4(TCP/IP)」を選択し、「プロパティ」をクリック。
  5. 「次の IP アドレスを使う」を選択し、以下の項目を入力します。入力する内容はお送りしている
    「設定完了通知」、又は ABLEパネルの 「サーバー契約情報」 で確認下さい。

     ・IP アドレス
     ・サブネット マスク = ネットマスク参照。
     ・デフォルトゲートウェイ = ゲートウェイ参照。

    「次の DNS サーバーのアドレスを使う」を選択し、

     ・優先 DNS サーバー = ネームサーバー参照。
     ・代替 DNS サーバー = ネームサーバー参照。

    を入力し、「OK」をクリック。
  6. OKをクリックし、「ローカル エリア接続の状態のプロパティ」を閉じます。
  7. 閉じるをクリックし、「ローカル エリア接続の状態」を閉じます。
  8. ネットワークが「インターネット アクセス」の状態となり、外部との接続が可能になります。
リモートデスクトップを利用する場合は引き続き以下の作業を行って下さい。
 1. サーバーでのリモートデスクトップ設定
    (弊社初期イメージでは予め有効になっているので、通常この作業は必要ありません。)

 2. パソコンからのリモートデスクトップ接続

共用サービスはこちら

  • VPS サポート
  • VPS 障害、メンテナンス情報
  • VPS 掲載禁止、利用禁止事項
  • VPS 他社からの移転
  • VPS 各種手続き
  • WindowsServer関連

VPS新規お申し込みはコチラから お見積り お申し込み

  • VPSお申し込み〜ご利用までの流れ
  • 独自ドメインサービス
  • 他社からの移管について
ABLENET® VPSサービスプラン


ABLENET®のVPSレンタルサーバー は用途によってお選び頂けるroot権限付5つのプランWindows仮想デスクトップに特化した4つの仮想デスクトッププランをご用意。 転送量無制限、クラウドにも適した低価格高機能なスケーラブルVPSサービスです!



12th Anniversary お蔭様で2018年、当社は設立20周年!
これからもABLENET®レンタルサーバーは皆様の信頼にお応えし続けます!


Challenge25