サポート

ホーム   VPSホーム   VPSサポート

IPv6の基本設定

このページでは、弊社VPSサービスでIPv6を使用するための基本情報を御案内いたします。

ご利用方法

収容サーバーによるIPv6利用可否状態の確認方法と対応
お申込み日や収容サーバーによって、IPv6の利用可否、開始方法が以下に分かれます。

 IPv6利用をご希望の場合、ABLEパネルのサーバー管理画面表記をご確認いただき、ケースに合わせて
 ご利用、または、お申込みください。


設定に必要な情報
 提供アドレス範囲、デフォルトゲートウェイなどの情報です


IPv6利用可否状態の確認方法と対応

そのままでご利用になれる場合
■ABLEパネルの「VPS管理画面」や「契約情報」に「IPv6」情報が表記されている場合(下記画面参照)

 初期設定時よりIPv6アドレスがご利用いただけるようになっており、追加でのお手続きは必要ありません。



IPv6アドレスの項目が表示されていれば、IPv6アドレスを御利用いただけます。
お申込みが必要な場合
■ABLEパネルのVPS管理画面にIPv6の項目と「お申込み」リンク表示がある場合(下記画面参照)

 「お申込み」リンクから、弊社サポート宛へお申込みいただく事でIPv6がご利用ただけます。
 「お申込み」リンク=>「追加お見積・ご注文」よりお申込みください。

お申込みいただけましたら、弊社にて設定を行わせていただきます。(平日営業時間の対応となります)
設定完了後、弊社よりご連絡いたします。お客様側で一旦VPSのシャットダウン・電源オフをしていただくことで、再開以降、IPv6アドレスをご利用いただけるようになります。
お申込み、および収容サーバーの移動が必要な場合

■ABLEパネルのVPS管理画面にIPv6の項目がない場合(下記画面参照)

 該当するお客様は、ABLEパネルの「VPS管理画面」に、「IPv6アドレス」の項目がございません。
この場合、「収容サーバーの移転」が必要となります。 移転の際には、
  1. 電源をオフにした状態で、数十分〜数時間お待ちいただく(データの移転を行う)
  2. 移転時に、仮想ハードディスクを初期化させていただく(データの移転を行わない)
のいずれかをお選びいただく必要がございます。(弊社営業時間内(平日9:00-17:45)での対応)

所要時間につきましては、お客様のVPSご利用状況(仮想ディスクの実使用量)によって変わりますので、 詳しくは弊社サポート宛までお問合せください。

設定に必要な情報

■DNSキャッシュサーバー

※2013/06/10現在、IPv6でのDNSキャッシュサーバーは提供しておりません。
キャッシュサーバーのご利用を希望されるお客様は、Google Public DNSのIPv6アドレスなど、外部DNSサービスを
ご利用ください。
Google Public DNSのIPv6アドレスは以下の通りです。(2012/12/04現在)

2001:4860:4860::8888
2001:4860:4860::8844

IPv4とのデュアルスタックでご利用の場合、弊社IPv4アドレスでのDNSキャッシュサーバーをご利用いただけます。
IPv4キャッシュサーバーのアドレスは、ABLEパネルよりご確認ください

共用サービスはこちら

  • VPS サポート
  • VPS 障害、メンテナンス情報
  • VPS 掲載禁止、利用禁止事項
  • VPS 他社からの移転
  • VPS 各種手続き
  • WindowsServer関連
  • VPS その他

VPS新規お申し込みはコチラから お見積り お申し込み

  • VPSお申し込み〜ご利用までの流れ
  • 独自ドメインサービス
  • 他社からの移管について
ABLENET® VPSサービスプラン


ABLENET®のVPSレンタルサーバー は用途によってお選び頂けるroot権限付5つのプランWindows仮想デスクトップに特化した4つの仮想デスクトッププランをご用意。 転送量無制限、クラウドにも適した低価格高機能なスケーラブルVPSサービスです!



12th Anniversary お蔭様で2018年、当社は設立20周年!
これからもABLENET®レンタルサーバーは皆様の信頼にお応えし続けます!


Challenge25