サポート

ホーム  サポート  POP before SMTPについて

POP before SMTPについて

POP before SMTPとは本来ユーザー認証の機能を持たないSMTPサーバーに擬似的に認証の機能を持たせるものです。

POP before SMTP の仕組み

SMTPが認証の仕組みを持たないため、その代わりにメールの受信時には認証が必要なことを利用してユーザーの特定をする仕組みです。

実際には以下の流れとなります。
1. クライアントは初めにメールの受信作業を行う。
2. サーバーはこのときのクライアントのIPアドレスを記録する。
3. クライアントは次にメールの送信を行う。
4. IPアドレスの記録されたデータベースを参照して、送信を行おうとしているクライアントのIPアドレスが
データベースに存在すれば送信を許可する。
5. データベースに記録されたIPアドレスは一定の時間が経過すると自動的に消去される。
(時間はサーバーの設定によるが通常30分程度)

POP before SMTP の仕組み

現在では、多くのプロバイダーのメールサーバーがこの仕組みを用いています。
弊社レンタルサーバーサービスでもこの仕組みを用いているため、メールの送信を行うためにはその前に必ず受信を行っておかなければなりません。

ページTOP

  

ABLENET®のVPS|WindowsServerも試用可能なスケーラブルVPS

  • お問い合わせトップ
  • 障害、メンテナンス情報
  • 掲載禁止、利用禁止事項
  • 他社からの移転について
  • コントロールパネル
  • ホームページ公開までの流れ
  • FTP(ファイルの転送方法)の設定
  • メールソフトの設定
  • CGI・SSI(サーバー環境・設定情報)
  • .htaccessについて
  • 各種アプリケーション
  • ウィルス対策情報

新規お申し込みはコチラから お見積り お申し込み

  • お申し込み〜ご利用までの流れ
  • 旧サーバーからの移転について
  • リンク集
  • 導入実績
  • 独自ドメイン
  • ABLENET® レンタルサーバー用語集

12th Anniversary お蔭様で2017年、当社は設立19周年!
これからもABLENET®レンタルサーバーは皆様の信頼にお応えし続けます!