サポート

ホーム  サポート  CGI・SSI(サーバー環境・設定情報)

CGI・SSI サーバー環境/設定情報

こちらでは、ABLENETレンタルサーバーサービスのサーバー環境について解説いたします。独自CGI、SSIの設置に必要な情報や規則(注意事項)、Perlやsendmailのコマンドのパスは以下の一覧表よりご確認ください。

お客様のオリジナルCGI/SSIについて

CGI/SSI設定に必要なサーバー情報

OSの種類 FreeBSD
wwwサーバー apache1.3/apache2.2(suexec付)
メールサーバー qmail

コマンドのパス

Perl /usr/bin/perl 又は /usr/local/bin/perl
nkf /usr/local/bin/nkf
sendmail /usr/sbin/sendmail
sh /bin/sh
ruby /usr/local/bin/ruby

CGI/SSIを設置するときの規則

CGIの拡張子 .cgi .rb
CGIのパーミッションについて

ABLENETではCGIは各ユーザーの権限(suexec)で動作致しますので
パーミッションは以下の設定で動作します。(先頭 1桁目だけが動作に影響があります)

ディレクトリ・フォルダ
705(rwx---r-x)
CGI本体
705(rwx---r-x)
データファイル
604(rw----r--)

CGI を設置する際にパーミッションを昔ながらの707や777、755、666に設定するよう指示があっても、705(CGI本体)や604(データファイ ル)で全く問題無く動作します(これが原因で動作しないということは一切ありません)。逆に707や777のように2桁目や3桁目が7では動きません。

CGI/SSIの設置場所 どこのディレクトリでも 動きます。
特定のディレクトリは必要ありません。
「プチプラン」ではSSIはご利用になれません。
.htaccessファイルの設置
.htaccessの設定方法
CGI/SSIの動作には設置する必要はありません。
(なくても動作します)
CGI/SSIでファイルを作ると 604のファイルが作られます。
FTPでファイルを転送すると 604のファイルが作られます。
SSI(Server Side Include)

execを含む機能が利用できます。
ファイルの拡張子はshtmlとします。

なお、suexecが導入されていますのでexecを利用するには以下の点に注意が必要です。

  • execで実行ファイルへ引数を指定することはできません。
  • exec cmdでは実行ファイルのパス指定に絶対パスや../を含む相対パスは指定できません。
  • 実行ファイルのパーミッションは700または705を指定します。
  • パーミッションが777や707など最後が7のディレクトリでは実行できません。
「プチプラン」ではSSIはご利用になれません。

sendmailコマンドを呼び出すときの注意事項

ABLENETではメールサーバーのMTAとしてqmailを採用しています。 インターネット上で配布されているCGI/SSIでメールを操作する物は大概MTAとしてsendmailを想定してプログラミングされています。

qmailには、sendmail互換のコマンド(ラッパー)があります。 通常の利用ではsendmailと同様に利用できますが、一部のオプションに制限があります。

-n オプション 使えませんので消去してください。
-t オプション 使えますが、同じメールが2通届くことがあります。
複数の送信先指定 メールアドレスの区切りをカンマではなく半角スペースとする。

サーバーの対応機能と禁止事項

FrontPage Server Extensions 利用できません
Perl 利用可能です Ver.5.8.x  ※一部サーバーでVer.5.005の場合があります。
PHP 利用可能です Ver.4 / Ver.5
「プチプラン」ではPHPはご利用になれません。
MySQL 利用可能です Ver.4.0
利用可能です Ver.5.0 (2008/10/06以降お申込みのお客様)
(※以前にセットアップされたお客様の収容サーバーによってはVer.3.23.58の場合があります。)
お客様の収容サーバーのMySQLのバージョンについて詳しくはサポートまでお問合わせ下さい。

「プチプラン」ではMySQLはご利用になれません。
※弊社MySQLでは、テーブルタイプに「InnoDB」はご利用いただけません。「MyISAM」となります。
PostgreSQL 利用可能です Ver.9.2
「プチプラン」ではPostgreSQLはご利用になれません。
RUBY 利用可能です
Python 利用可能です
CGI/SSIに対する禁止行為 公開コンテンツについて」に抵触する場合、プロセスの停止。
サーバーに高い負荷
をかけるCGI/SSIの運用
プロセスの強制的な停止を行うことがあります。

CGI/SSIを設置するときの注意事項

改行コードについて
コンピューターがテキストファイルを扱うときには(perl等で書かれたCGI/SSIも含みます)、 文字コードのほかに改行コードにも注意を払わなければなりません。改行コードは、各OSで異なっています。

OS 改行コード
UNIX LF
Windows CR+LF
Mac CR

CGI/SSIを作成してサーバーにアップロードする場合には、改行コードをUNIXの改行コードである「LF」に変換しておかないと、CGI/SSIが動作しません。

FTPユーティリティを使ってアップロードする場合には、 「テキストモード」または「ASCIIモード」にして転送を行うと自動的に改行コードを変換してくれるものが多いです。 詳しくはユーティリティの説明書を参照してください。

ページTOP

  

ABLENETのVPS|WindowsServerも試用可能なスケーラブルVPS

  • お問い合わせトップ
  • 障害、メンテナンス情報
  • 掲載禁止、利用禁止事項
  • 他社からの移転について
  • コントロールパネル
  • ホームページ公開までの流れ
  • FTP(ファイルの転送方法)の設定
  • メールソフトの設定
  • CGI・SSI(サーバー環境・設定情報)
  • .htaccessについて
  • 各種アプリケーション
  • ウィルス対策情報

新規お申し込みはコチラから お見積り お申し込み

  • お申し込み〜ご利用までの流れ
  • 旧サーバーからの移転について
  • リンク集
  • 導入実績
  • 独自ドメイン
  • ABLENET レンタルサーバー用語集

12th Anniversary お蔭様で2017年、当社は設立19周年!
これからもABLENETレンタルサーバーは皆様の信頼にお応えし続けます!