サポート

ホーム  サポート  各種アプリケーション  phpPgAdmin

各種アプリケーション phpPgAdmin

phpPgAdminとはWebブラウザからPostgreSQLデータベースを管理・操作する為のツールです。
「プチプラン」ではPostgreSQL、phpPgAdminはご利用になれません。

phpPgAdmin手動インストール手順

phpPgAdminとはWebブラウザから PostgreSQL データベースを管理・操作する為のツールで、テーブルの作成や参照、
データのバックアップやリストア等の操作を行うことができます。 phpPgAdminはGPLライセンスの元で配布されています。

本ページではphpPgAdminの手動インストール方法をご案内しております。
コントロールパネルから自動でインストールを行う場合はこちらをご参照ください。

このページに記載されている内容は、弊社レンタルサーバーサービス利用者の方への参考情報として掲載しております。内容に関しましては、無保証、無サポートであることをご了承の上ご利用ください。
尚、弊社では標準状態でのインストールおよび動作確認を行ったものを紹介しておりますが、 全ての機能に関する検証を行ったものではございません。また、異なるバージョンや追加機能によっては動作が異なったり、正常に動作しない可能性がございます。この点につきましては、動作保証は致しかねますので、予めご了承ください。
全てのアプリケーションに関して、弊社サポート対象外となりますので、問題が発生した場合はウェブや書籍等の情報お調べ頂きますようお願いします。


phpPgAdminについて

※「プチプラン」ではPostgreSQL、phpPgAdminはご利用になれません。



■ phpPgAdmin 手動 インストール手順


 1 phpPgAdmin のダウンロード
 2 ファイルの解凍
 3 設定ファイルの編集
 4 サーバーへのアップロード

● phpPgAdminのインストールを行う前に
  ABLENET®のコントロールパネルで事前に PostgreSQLデータベース を作成する必要があります。

【 1. phpPgAdminのダウンロード 】

[1-1] phpPgAdminのダウンロードページにアクセス。
  The phpPgAdmin Project のページにアクセスし、メニューリンクから「Download」をクリックします。

    ● The phpPgAdmin Project >>

phpPgAdmin ダウンロード


[1-2] 圧縮ファイルのダウンロード
  ダウンロードファイルの一覧が表示されるので、
  「phpPgAdmin Snapshot」欄の「phpPgAdmin-snapshot.zip」を選択して下さい。

phpPgAdmin 圧縮ファイルのダウンロード


[1-3] ファイルの保存
  ダウンロードファイル(phppgadmin-phppgadmin-REL_5-0-BETA-2-139-gd5a3b89.zip)を保存する
  画面が出てくるので、任意の場所に保存してください。

【 2. ファイルの解凍 】
  ファイルの形式は「zip形式」ですので、「解凍ツール」を使ってファイルの解凍を行います。
  解凍すると「phppgadmin-phppgadmin-d5a3b89」というファイルができます。

  ※解凍ツールがない場合は、以下のツールをダウンロードして使うと便利です。

    Windows用ファイル解凍ツール   「Lhaplus」  「解凍レンジ」
    Mac用ファイル解凍ツール  「StuffIt Expander」

【 3. 設定ファイルの編集 】
  解凍してできた「phppgadmin-phppgadmin-d5a3b89」ファイルの
  「conf」の中に config.inc.php-dist というファイルがあります。
  (ファイルの場所 phppgadmin-phppgadmin-d5a3b89/conf/config.inc.php-dist

[3-1] ファイル内の記述の編集。
  エディタ等の編集ソフトで「config.inc.php-dist」ファイルを開き、下記項目の書き換えを行って下さい。

「94行目」の false true に書換えて保存して下さい。

 編集前    $conf['owned_only'] = false;

 編集後    $conf['owned_only'] = true;


以下の「ポート番号」の書換えはプロシリーズをご利用のお客様のみ必要です。
「21行目」の「ポート番号」 5432 をコントロールパネル内の「 PostgreSQLデータベース 」に記載されている
ポート番号に書換えて保存して下さい。

 編集前    $conf['servers'][0]['port'] = 5432;

 編集後    $conf['servers'][0]['port'] = PostgreSQLデータベースのポート番号を入力;

[3-2] ファイル形式を「.php」に変更。
  上記の書き換えが終わればファイル名を「.php」に変更して下さい。

   config.inc.php-dist  から  config.inc.php

  

【 4. サーバーへのアップロード 】

[4-1] ファイル名の変更。
  ファイル名を phppgadmin-phppgadmin-d5a3b89 から phppgadmin に変更します。

[4-2] サーバー側にアップロード
  ファイル転送ソフト を使用し、「phppgadmin」のファイルをサーバー側にアップロードします。

[4-3] phpPgAdminへのアクセス・ログイン
  phpPgAdminにアクセスし、下図のログイン画面が表示されたら完了です。

     ■phpPgAdminアクセスURL
      http://ドメイン名/phppgadmin/

phpPgAdminファイルのアップロード

phpPgAdminへのログインは、PostgreSQLデータベース で設定した

  ユーザー名 : ユーザー名
  パスワード : パスワード

をご入力下さい。


お疲れ様でした。以上で「phppgadmin-phppgadmin-d5a3b89」の設定は完了です。

ページTOP

ページTOP

  

ABLENET®のVPS|WindowsServerも試用可能なスケーラブルVPS

  • お問い合わせトップ
  • 障害、メンテナンス情報
  • 掲載禁止、利用禁止事項
  • 他社からの移転について
  • コントロールパネル
  • ホームページ公開までの流れ
  • FTP(ファイルの転送方法)の設定
  • メールソフトの設定
  • CGI・SSI(サーバー環境・設定情報)
  • .htaccessについて
  • 各種アプリケーション
  • ウィルス対策情報

新規お申し込みはコチラから お見積り お申し込み

  • お申し込み〜ご利用までの流れ
  • 旧サーバーからの移転について
  • リンク集
  • 導入実績
  • 独自ドメイン
  • ABLENET® レンタルサーバー用語集

12th Anniversary お蔭様で2018年、当社は設立20周年!
これからもABLENET®レンタルサーバーは皆様の信頼にお応えし続けます!