サポート

ホーム  サポート  各種アプリケーション  Movable Typeの設定 (MT-3.2)

各種アプリケーション Movable Typeの設定 (MT-3.2)

ここではMovable Type(MT-3.2) のインストール方法について案内いたします。 Movable Type(ブログ)の詳細については開発元であるシックス・アパート株式会社のホームページをご覧下さい。
※プチプランはデータベース(MySQL、PostgreSQL)が使えない為、Movable Typeはご利用になれません。

Movable Typeの設定 (MT-3.2)

このページでは弊社以外で作成・提供されているアプリケーションのインストールについて紹介しています。 弊社では標準状態でのインストールおよび動作確認を行ったものを紹介しておりますが、 全ての機能に関する検証を行ったものではございません。また、異なるバージョンや追加機能によっては動作が異なったり、正常に動作しない可能性がございます。この点につきましては、動作保証は致しかねますので、予めご了承ください。 全てのアプリケーションに関して、弊社サポート対象外となりますので、問題が発生した場合はウェブや書籍等の情報お調べ頂きますようお願いします。
※以下に紹介する「Movable Type(MT-3.2)」は旧タイプになります。
※以下の設定例は「MySQLデータベース」選択時のものとなります。

Movable Typeの設定 (MT-3.2)をインストールするには、以下の手順が必要となります。

Movable Type(ムーバブル・タイプ)をご利用になる為にインストールするには、以下の手順が必要となります。

Movable Typeのダウンロード・インストールを行う前に
(1) データベースの作成
(2) Type Keyへの登録

Movable Typeのダウンロード・インストールの手順

1 Movable Typeのダウンロード
2 ファイルの解凍
3 設定ファイルの編集
4 サーバーへのアップロード
5 CGIファイルの権限の設定
6 サーバーの環境チェック
7 セットアッププログラムの実行
8 Movable Typeの起動

Movable Typeのダウンロード・インストールを行う前に/ (1) データベースの作成
弊社コントロールパネルのにて、事前に自分のデータベースを作成する必要があります。
コントロールパネル内の MySQLデータベースPostgreSQLデータベース 何れかをご選択頂き、
事前に自分のデータベースを作成して下記の項目をメモしておいてください。

  • データベース名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • ホスト名

Movable Typeのダウンロード・インストールを行う前に/ (2) Type Keyへの登録
Type Keyとは、Movable Typeを開発している「シックス・アパート株式会社」が運営しているオンライン認証システムです。Movable TypeをダウンロードするためにはTypeKeyへの登録が必須となっています。

1.「Type Key」へのアクセス - 1
Type Keyへユーザー登録をしますので、以下のページにアクセスします。

 Type Key登録ページ >>

2.「Type Key」へのアクセス - 2
Type Keyのページへアクセスしたら「今すぐ登録する」をクリックします。
Movable Type ダウンロード

3.「Type Key」への仮登録 - 1
下記の画面で以下の記入項目を全て入力する。

Movable Type ダウンロード


・ログイン名 : Type Keyで使う、自分好きなログイン名を入力。
・パスワード : Type Keyで利用するパスワードを入力。
・メールアドレス: 必ずメールの受け取れるアドレスを入力。
・公開する名前/ニックネーム/ハンドル名: Type Keyを使うときに公開される名前。本名である必要はありません。
・画像の文字や数字を入力してください: 画像になっている、英字、数字を入力。
・自分のウェブログのための TypeKey トークンを作る: ダウンロードするだけなら、チェックはなし。
・ウェブログのURL: ダウンロードするだけなら、必要なし。

4. 「Type Key」への仮登録 - 2
「TypeKey のサービス規約に同意します。」にチェックを入れて 「Sign Up」ボタンをクリックすると下記の画面となり仮登録となります。

Movable Type ダウンロード

5. 「Type Key」への本登録
数分すると「Type Key」からメールが来ます。そのメールに書かれているURLにアクセスすると下記の画面となり「Type Key」への本登録が完了します。

Movable Type ダウンロード

6. ユーザー情報の登録
Type Keyのログイン画面にアクセスし、先ほど登録したログイン名/パスワードを入力して 「ログイン」ボタンをクリックすると下記の画面となります。
Movable Type ダウンロード

表示されている内容が正しければ、「保存」ボタンをクリックする。
これで、Movable Typeをダウンロード可能なユーザーとして登録されました。

1 Movable Typeの設定

(1) Type Keyのログイン画面にアクセスし、先ほど登録したログイン名/パスワードを入力して 「ログイン」ボタンをクリックします。

1.次の画面(Movable Type のダウンロード・販売ページ)で「限定個人ライセンス(無償)」をクリックします。

2.「限定個人ライセンスを利用する」をクリックすると「Movable Type ライセンス」ページに移動します。

※限定個人ライセンスは、無償で利用可能ですが、利用できるユーザー数 (ウェブログ投 稿者数) とサーバー数は 1、 ウェブログの数は無制限となります。

3.ライセンスを選択すると、利用許諾契約書(標準個人利用ライセンス)が表示されます。同意 できる場合は、「ライセンス契約を承諾する」 にチェックを入れ、

4.「次へ進む」ボタンをクリックします。

5.次の「Movable Type ダウンロード」画面で「ZIP形式」を選択する。

6.「ダウンロードボタン」をクリックするとダウンロードが開始するので、適当なフォルダに保存します。

Movable Type ダウンロード

Movable Type ファイルの解凍

(1) ダウンロードしたMT-3_2-ja-2.zip (2006/04/26 現在) ファイルを解凍します。

ファイルの形式はzip形式となっているのでこの形式のファイルを解凍できるツールを使って解凍してください。

解凍ツールがない場合は、以下のツールをダウンロードして使うと便利です。

    Windows用ファイル解凍ツール   「Lhaplus」  「解凍レンジ」
    Mac用ファイル解凍ツール  「StuffIt Expander」

解凍すると「MT-3_2-ja-2」というフォルダが解凍場所に出来上がります。

Movable Type ファイルの解凍

以下の設定は、下記のようにインストールを行うことを前提にしています。他のディレクトリにインストールすることは可能ですが、混乱の元ですので例と同じようにすることをお勧めします。

  • お客様のホームページのURL: http://www.ドメイン名

  • MovableTypeをインストールするフォルダ: /ドメイン名/mt
    (ホームページの最上部のフォルダに「mt」 というフォルダを作り、 そこにインストールする)

  • ブログのデータを保存するディレクトリ : /ドメイン名/blog
    (これはブログの公開先URLになります。
    ホー ムページの最上部のディレクトリに「blog」 というディレクトリを作ます。)

  • MySQLの「データベース名」: コントロールパネルで作成したデータベースの名前。
    ※コントロールパネルへログインする時のアカウント名と同じです。
    ※ソーホー、ビジネスプランでデーターベースを複数作成している場合は、アカウント名+_2、_3・・・等になります。
    コントロールパネルの「MySQL」メニューで利用したいデーターベース名をご確認下さい。

  • MySQLの「データベースユーザー名」: コントロールパネルへログインする時のアカウント名と同じです。

  • MySQLの「データベースパスワード」: データベース作成時に設定したものです。

注意事項
アカウント名に"-"(ハイフン)が含まれている場合は"_"(アンダーバー)に置き換えたものになるのでコントロールパネルで表示されるとおりに設定して下さい。
例 : able-net => able_net

(1) 解凍したフォルダ内の「mt-config.cgi-original」ファイルをコピーします。
コピーしたファイルは「mt-config.cgi」という名前に変更します。

(2) Movable TypeにアクセスするためのURLを設定します。mt.cfgファイルの28行目に以下の行があります。

    CGIPath http://www.mt-site.jp/apps/

ここでは、インストールするフォルダを「/ドメイン名/mt」とするので、

    CGIPath http://www.お客様のドメイン名/mt/

このように変更します。


(3)データベース・オプション(MYSQL)の設定をします。
mt-config.cgiファイルの35行目から以下の行があります。


Movable Type データベース・オプション(MYSQL)の設定


この5行を書き換えます。(頭についている「#」は外してください)


Movable Type データベース・オプション(MYSQL)の設定

(4)また、93行目も書き換えます。

    # StaticWebPath http://www.example.com/mt-static から
    StaticWebPath http://www.ドメイン名/mt/mt-static

このように書き換えます。

mt-config.cgiのファイルの編集はこれで完了です。



Movable Typeサーバーへのアップロード

(1) 転送ソフトを起動しサーバーへ接続します。

(2) サーバー上にMovable Typeのインストール先に選んだフォルダ
/ドメイン名/mt
が存在しない場合は、FTPプログラムで新たに作成します。

(3) 更に、MovableTypeでデータを記録するためのディレクトリを作成します。
(このディレクトリ名はブログの公開先のURLになります。ここでは例として「blog」という名前に設定します)
/ドメイン名/blog

(4) フォルダのパーミッション(属性)を 705 に設定します。( 755、707では動きません。)
パーミッション変更方法はこちら >>

(5) 「MT-3_33-ja」の中身のファイルをすべて先ほど作成した /ドメイン名/mt の中にアップロードします。

注:FTPでファイルをアップロードする際、
mt-static/imagesディレクトリ内のファイルはバイナリーモード
それ以外はASCIIモード
でアップロードします。 この操作を間違えると、スクリプトは動作しません。

ファイルの数が大変多い為、全てのファイルを完全にアップロード出来たことを確認してください。動作しないことの多くの原因は、ファイルのアップロードのミスによる物です。


Movable Typeサーバーへのアップロード

CGIスクリプト(.cgiで終わる名前のファイル)のパーミッション(属性)を 705 に設定します。
(755、707では動きません)
対象となるファイルは14個ありますので全て変更してください。

mt-add-notify.cgi
mt-atom.cgi
mt-check.cgi
mt-comments.cgi
mt-config.cgi
mt-db2sql.cgi
mt-search.cgi
mt-send-entry.cgi
mt-tb.cgi
mt-testbg.cgi
mt-upgrade.cgi
mt-view.cgi
mt-xmlrpc.cgi
mt.cgi


Movable Type

アップロードしたファイルにより、Movable Typeの動作環境が正しく整えられたかをチェックします。
以下のURLにアクセスしてください。

http://www.ドメイン名/mt/mt-check.cgi

表示されたページの最下部に以下のメッセージが出ていれば成功です。

Movable Type

”500 Internal Server Error(500 内部サーバー・エラー)”が表示された場合は、mt-check.cgiのパーミッション(属性)が705になっているかチェックしてください。


Movable Type

(1)システム・チェックが正常に終了したら、以下のURLにアクセスし、「ログイン」をクリックします。

http://www.ドメイン名/mt/index.html

(2)「ブログを始める前に、データベースを初期化してインストール作業を完了する必要があります」と書かれた画面で「インストールを続行」ボタンをクリックします。

Movable Type

(3)「インストールが完了しました」と表示されたら「Movable Type にログインしてください」ボタンをクリックして下さい。

これでインストールは終了です。

(4)上記URLにアクセスしても表示されない場合。(1、でログイン後2、へ進まずにエラーが出る場合)

このスクリプトの実行時に”500 Internal Server Error(500 内部サーバー・エラー)”が表示された場合は、まず、権限を705(上記 参照)に設定し、ファイルをASCIIモードでアップロードしたかどうかを確認します。

Bad ObjectDriver config: Connection error: Access denied for user:'****@localhost' (Using password: YES)
表示されば場合は、mt-config.cgiファイル内のデータベースパスワードが正しくない可能性があります。

Bad ObjectDriver config: Your DataSource directory ('./db') does not exist.
と表示された場合は、mt-config.cgiファイル内のデータベース名・データベースユーザー名・ドメイン名のいずれかが正しくない可能性があります。

上記を確認しても正しいのに上手く行かない場合は、以下の原因が考えられます。

・FTPによって全てのファイルが転送されていない。
・ファイル転送時のモードが合っていなかった。
・CGIファイルの属性が合っていない。
・mt-config.cgiファイルの編集にファイルを壊してしまった。

どうしても上手くいかない場合は、

・アップロードしたファイルを全て削除。
・作成したデータベースを削除。

以上を行って初めからやり直してみて下さい。


Movable Type

(1)ウェブ・ブラウザを開いて以下のURL(Movable Type)にアクセスします。

http://ドメイン名/mt/mt.cgi

Movable Type

(2)以下のユーザー名とパスワードを入力してログインします。

ユーザー名: Melody
パスワード: Nelson

これらのユーザー名とパスワードは初期値ですので、すぐに変更を行わないとインターネット上の誰でもが 貴方のウェブログに変更を行うことが出来てしまいます。

(3)ユーザ名とパスワードの変更を行います。

1.画面上部中央にある「システムメニュー」をクリックします。

Movable Type

2.画面左手側にあるシステムメニュー一覧の「投稿者」をクリックします。

Movable Type

3.次のページでログイン名(この時点では「Melody」)をクリックします。

Movable Type

4.「投稿者のプロフィール」設定画面になりますで以下の項目を変更します。

ログイン名 お好みのログイン名を入力
メールアドレス お好みのメールアドレスを入力
現在のパスワード Nelson
パスワード お好みのパスワードを入力
パスワードのヒント

設定を変更したら「変更を保存」ボタンをクリックします。


(4)基本設定行います。

1.「メインメニュー」で「重要:はじめにブログを設定してください」をクリックします。

Movable Type

2.「ブログの新規作成」画面になりますので以下の設定を行います。


 ブログ名 お好みのブログタイトルを入力
 メールアドレス お好みのメールアドレスを入力
 サイトURL http://www.お客様のドメイン名/blog
 サイト・パス /usr/home/お客様のアカウント名/お客様のドメイン名/blog


設定を変更したら「変更を保存」ボタンをクリックします。


3.「サイトの再構築」を行った後、画面右上にある「サイトを確認 >>」をクリックし、設定したブログのページが表示されれば完了です。


お疲れ様でした、以上でMovable Typeのインストールは完了です。

ページTOP

  

ABLENETのVPS|WindowsServerも試用可能なスケーラブルVPS

  • お問い合わせトップ
  • 障害、メンテナンス情報
  • 掲載禁止、利用禁止事項
  • 他社からの移転について
  • コントロールパネル
  • ホームページ公開までの流れ
  • FTP(ファイルの転送方法)の設定
  • メールソフトの設定
  • CGI・SSI(サーバー環境・設定情報)
  • .htaccessについて
  • 各種アプリケーション
  • ウィルス対策情報

新規お申し込みはコチラから お見積り お申し込み

  • お申し込み〜ご利用までの流れ
  • 旧サーバーからの移転について
  • リンク集
  • 導入実績
  • 独自ドメイン
  • ABLENET レンタルサーバー用語集

12th Anniversary お蔭様で2016年、当社は設立18周年!
これからもABLENETレンタルサーバーは皆様の信頼にお応えし続けます!