FAQ

ホーム  FAQ

サイト内の表記価格は 本体価格(税抜) です

ドメイン関連FAQ

ドメインについて

Q
ドメインを失効してしまったのですが
A
汎用JP、gTLDドメインについては復活が可能です。
但し、ドメイン失効後、それぞれのドメインに定められた復活可能な日数内にご依頼を頂く必要がございます。
詳細は期限切れドメインの復活についてをご確認下さい。

ページTOP

Q
ドメインを新規に申し込む場合、利用できるまでどれくらいの日数が必要ですか?
A
弊社でのセットアップ作業は2営業日で終わります が、通常ドメインが有効になるまでに必要な日数は
ドメイン名の登録完了後、gTLDドメインの場合 2〜3日程度、JPドメインの場合は3日程度です。
            
また、属性型ドメインの場合は種類によってお手続き方法が異なり、場合によっては1週間以上の
日にちがかかる場合もございます。
「属性、地域型JPドメインの取得資格(JPRSより)」
(各ドメイン管理団体の都合で日数は前後しますので予め日程のお約束をすることはできません)

また、実際にドメインの取得申請を行うのはご利用料金の入金確認後となりますので、予めお支払方法
(カード・コンビニ)もご確認ください。
「お申し込みから利用開始まで」

ページTOP

Q
属性型・地域型ドメイン取得に必要な条件はありますか?
A
はい、JPRS(日本レジストリサービス)によって取得資格が規定されております。
            
詳しくは 属性、地域型JPドメインの取得資格一覧表 をご確認下さい。
また、申請には登記上の正確な情報が必要となり、下記のような場合にはJPRSの審査に通らず、
取得することが出来ませんので予めご注意・ご確認ください。

  1. ドメインの申請を行う時点で必要な取得資格を満たしていない
    例えば、学校や組合はCO.JPドメインを取得することは出来ません。

  2. ドメイン申請の際に提出した情報と登記上の情報とが異なる場合
    将来的に法人になる予定(登記上まだ法人でない)

  3. 1組織1ドメイン名の原則
    JPRSで定められた規則により、属性型ドメインは1組織につき1つしか取得することが出来ません。
    例えば、co.jpを既に1つ取得している組織が新たにco.jpやor.jp等、2つ目の属性型ドメインを
    取得することは出来ません。
    (※特定の条件を満たしたne.jpのみ複数の取得が可能です。)

ページTOP

Q
ドメインのみの取得はできますか?
A
弊社サービスではドメインのみの取得は承っておりません。 必ずサーバーとセットでお申込みください。
なお、マルチドメイン・オプションを利用してドメインのみを
追加取得する事は可能です。
詳細はマルチドメイン・オプションについてをご覧下さい。

ページTOP

Q
ドメインは私の名義で登録されますか?
A
新規申請を承ったドメインの名義はご注文時に記入さ れるお客様指定のドメイン申請者名で登録致します。
したがいまして通常、お客様の名義で登録することになります。
(ただし、各ドメイン管理団体の規則に反する場合はこの限りではありません)

ページTOP

Q
ドメインを複数利用したいのですが/ マルチドメインサービスはありますか
A
「プチ」以外のプラン(パーソナル、ソーホー、ビジネス、プロ・シリーズ[ブロンズライト/ブロンズ/シルバー/ゴールド])をご利用の場合は、 「マルチドメイン・オプション」を利用する事で1契約につき複数のドメインをご利用いただく事ができます。

プチ・プランのみ「1サービス1ドメイン」となりますので、プチ・プランで複数ドメインをご利用になられたい場合は、 そのドメイン分のサーバー契約(お申込み)が必要になります。

上記 マルチドメイン対応プラン をご利用中のお客様が「マルチドメインオプション」をお申込み頂く場合は
コントロールパネルの「19.ドメイン追加」からお申込み下さい。

「マルチドメイン」オプションの詳細やお申込方法について

ページTOP

Q
マルチドメインで利用中のドメインを解除したいのですが
A
複数利用中のドメインのうち、いくつかのドメインのみを解除するには
(マルチドメイン用)ドメイン解除届」をご提出下さい。

但し、利用ドメインの全てを解除することはできません。最低1つのドメインを残して頂く必要があります。
※ドメインの全てを解除する場合、サーバー利用契約全てを解約頂く必要があります。
その場合は通常の「解約届」になります。

ページTOP

Q
Whois情報代行登録は行っていますか?
A
いいえ、弊社ドメイン取得サービスではWhois情報の代行登録は行っておりません。
尚、gTLDドメイン(com/net/biz/info/orgなど)、汎用JPドメインの場合は、Whois非公開オプションをご利用いただけます。 料金やお申込み方法は、以下案内ページでご確認ください。

Whois非公開オプションご案内>>

ページTOP

Q
Whois情報を非公開にしたいのですが
A
gTLDドメイン(com/net/biz/info/orgなど)、汎用JPドメインに限り、「Whois非公開オプション」をご利用いただけます。 料金やお申込み方法は、以下案内ページでご確認ください。

Whois非公開オプションご案内>>

ページTOP

Q
Whoisの登録情報を変更したいのですが
A
ABLENETの管理下のドメインの場合は、コントロールパネル内のお問い合わせフォーム
「サポートへ質問」、もしくはご登録メールアドレスよりサポート[ support@ablenet.jp ]宛てにご連絡下さい。

  • ・管理用メールアドレスのみ変更の場合
    サポートまでご依頼の際には、変更後のメールアドレスを添えてご連絡下さい。

  • ・住所、登録名義等の変更の場合
    サポートまで「Whois情報変更希望」をご依頼下さい。
    弊社より「Whois情報変更フォーム」をメールでお送り致します。

他社の管理下のドメインの場合はABLENETでは変更が出来ませんので、
お客様のドメイン管理業者様にご依頼下さい。

<重要:gTLD(com/ net/ org/ info/ biz)ドメインのお客様>
2014年1月1日以降、gTLD(com/ net/ org/ info/ biz)の既存ドメインの登録(Whois)情報を変更する際には、登録者自身による確認作業が必要となる場合があります。 これはICANN(※)の規程変更によるもので、ドメイン登録情報の全てについて、適正且つ有効であることが、より一層求められるものです。
※ICANNとはインターネットで利用されるアドレス資源の標準化や割り当てを行う非営利組織

既存ドメインの登録情報変更(Whois情報変更)が行われた場合、その変更情報の有効性を確認するため、レジストラ(NetworkSolution社)から、 ドメイン登録者(※Whoisに登録されたメールアドレス)に対し、自動確認メール(英文)が送信される場合がありますので、 15日間以内に「確認作業(メール内「CONFIRM」のリンク先を開き、確認のクリックをする)」を行ってください。



確認メール到着から15日間以内に「確認作業」が行われなかった場合、ドメインの接続先が
Network Solution社の指定サイトになり、お客様はWebサイトやメールにドメインを 利用できなくなりますのでご注意ください。その後、確認作業をすることで利用可能になりますが、復旧には時間がかかる可能性があります。

【重要】認証確認メールは、ドメイン登録者のメールアドレスに送信されます。登録者のメールアドレスが有効ではない状態で 登録情報の変更手続きを行った場合、(自動メールが届かず確認作業が行えないため)15日経過後からドメイン(Web、メール等)を ご利用頂けなくなりますので充分にご注意ください。

ページTOP

Q
使用中のドメインを別のドメインに変更できますか?
A
いいえ、できません。
ドメイン名の変更を行うには新規にセットアップを行う以上の作業量が発生する為、お受けしておりません。
現在のアカウントを契約解除して、新規に新しいドメイン名でお申し込みください。

ABLENET解約方法ご案内 >>

尚、マルチドメイン対応プラン(プチ以外)の場合、このオプションを利用し、新ドメインを追加、必要のないドメインを解除する事で ドメイン変更が可能になりますが、最低1つのドメインを残す必要があります。

プランのアップグレード方法ご案内 >>
マルチドメインオプションご案内 >>

ページTOP

Q
「サブドメインタイプ」から「独自ドメインタイプへ」変更できますか?
A
上の質問と同じ理由によりお受けできません。新規ドメイン名にてお申し込みください。

(※「プチ」以外のプランでマルチドメイン・オプションを利用して複数ドメインをご利用の場合は、新しく独自ドメインを追加、必要のないサブドメインを解除する事でドメイン変更が可能になりますが、最低1つのドメインを残す必要があります。)

ページTOP

Q
「独自ドメインを使用したサブドメイン」は利用できますか?
A
弊社サービスでは、お客様の「独自ドメインを使用したサブドメイン」の利用は出来ません。
(例)
○ example.jp(独自ドメイン)利用できます。
× abc.example.jp(独自ドメインを使用したサブドメイン)利用できません。

ページTOP

Q
日本語ドメインは使用できますか?
A
弊社サービスでは日本語ドメインには対応しておりません。

ページTOP

Q
ドメインの「レジストラ」「レジストリ」って何ですか?
A
一言で言うとドメイン名を運営、管理する組織のことです。

  • 「レジストリ」とはドメイン名を管理、運営しインターネットの非常に重要なサービスのひとつである
    「ドメイン名の名前解決」が機能するように維持する組織です。「レジストリ」は各TLD(Top Level Domain)
    に対し1つの組織が決まっています。たとえば、comドメインはアメリカのVeriSign社が担当しています。


jpドメインのレジストリはJPRS(日本レジストリサービス)が行っています。

  • 「レジストラ」は、ドメイン名を利用したいエンドユーザーとレジストリの仲介役のことです。 レジストラは
    レジストリに対してドメイン名を登録、更新、廃止する業務を行っています。 レジストラは1つのレジストリに対して複数存在しています。 日本の場合は、JPRSによってレジストラの役目を行う組織をレジストラとは
    呼ばずにパートナー(指定事業者)と呼ばれます。


※弊社はjpドメインの指定事業者として契約しております。

ページTOP

Q
DNSゾーン情報(レコード)は、自由に設定できますか?
GoogleAppsアプリケーションは利用できますか?
A
ドメインが弊社管理下にある場合、DNSは弊社指定のDNS情報を利用して頂く事になり、お客様側で自由に設定を行ったり、弊社側作業でご要望のゾーン情報に変更する事は、 基本的には行っておりません。

但し、Google社のGoogleApps(Gmailなど)や、Microsoft社のOffice365で独自ドメインを利用したい場合(MXレコードの変更が必要)については、 ご相談に応じさせていただける場合がございます。 その際は遠慮なくご相談下さい。ただし、弊社指定外レコードでの運用となりますので、 ユーザー指定レコードによる運用の動作保証やサポートは致しかねます。予めご了承くださいませ。

ページTOP

Q
他社サービスのDNS情報に変更したいのですが
A
ABLENET管理下のドメインを他社サーバーのDNS情報に書換えることは受付けておりません。

他社サービスのDNS情報に変更を希望する場合、以下の手順が必要です。

   1. 他社サービスへドメインの移管を行って下さい。
   2. ドメイン移管完了後にDNS情報の変更を行って下さい。

【ドメイン移管手続について】
ABLENET、移管先業者、それぞれで手続きが必要です。
● ABLENET側で必要な移管手続き・・・他社サービスにドメインを移管したいのですがをご確認下さい。
● 他社側(移管先)でで必要な移管手続き・・・お客様のドメイン移管先業者様にご確認下さい。

ページTOP

ページTOP

  

ABLENETのVPS|WindowsServerも試用可能なスケーラブルVPS

  • FAQトップ
  • お申し込み時FAQ
  •  サービス関連FAQ
  • ドメイン関連FAQ
  • 移管・移転関連FAQ
  • お支払・契約関連FAQ
  • ウェブ・メール関連FAQ

新規お申し込みはコチラから お見 積り お申し込み

  • お申し込み〜ご利用までの流れ
  • 旧サーバーからの移転について
  • リンク集
  • 導入実績
  • 独自ドメインサービス
  • ABLENET レンタルサーバー用語集

12th Anniversary お蔭様で2017年、当社は設立19周年!
これからもABLENETレンタルサーバーは皆様の信頼にお応えし続けます!